iPhone修理 即日返却

お知らせ

アップル対クアルコム、スマートフォン(スマホ)の頭脳であるCPU(中央演算処理装置)を巡る覇権争い

争いの根本は何かというと

クアルコムが問題視している特許はスマホ「iPhone」の電池の持続時間を長くする技術に関するもの。クアルコムは「アップルは当社の技術を使い続けながら支払いを拒んでいる」として、製造地から米国へのスマホ輸入を禁止するよう求めている。

 

アップルは高性能CPU「Aシリーズ」をiPhoneやiPadに搭載している。

 

クアルコムはCPU「スナップドラゴン」シリーズで高いシェアを握る。韓国サムスン電子の「ギャラクシーS8」や中華系スマホなど、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」のスマホに多く採用されている。

 

スマホ市場では「iPhoneアンドロイド」で語られることが多いが、その実体としてはAシリーズスナップドラゴンの対立軸が見えてくる。

今後の進展は、両社の業績に与える影響は大きくなる。

修理メニュー