iPhone修理 即日返却

お得情報

iPhoneとAndroidの意外な違い

iPhoneが選ばれる理由として、「ケースやカバーの種類が多く、好みに合うものが見つけやすい」「メールアドレスやLINEを交換せずに写真などのデータがワイヤレスで送れるAirDropが便利」といったAndroidにはないメリットが挙げられることが多いが、次にiPhoneのメリットを説明する。

 

① セキュリティー

スマホには、写真や連絡先など重要な個人情報が詰まっているうえ、さまざまなサービスにアクセスするためのIDやパスワードを保管しているだけに、うっかりしていると知らないうちに情報漏洩や金銭の被害につながる可能性がある。悪意のあるマルウエアを含んだアプリも増えている。うっかり導入してしまうとバックグラウンドで密かに働き続け、SNSやオンラインバンキングのログイン情報やキーの入力内容など、重要な情報を読み取ってどこかに送信するものが多い。端末に勝手にロックをかけて起動できなくし、解除と引き換えに金品を要求してくる悪質なランサムウエアも増えている。なかには、インカメラやマイクを悪用して盗撮や盗聴をするものもある。

iPhoneは、OSレベルで厳しい制限をかけているので、アプリストアのApp Store以外からアプリを導入することはできない。アプリ自体も、アップルの厳しい審査やチェックをクリアしたものでないとApp Storeに掲載されないため、不正なアプリが入手できる状況になることもない。「App Store以外から自由にアプリを導入できるようにする『Jailbreak』という行為をユーザーが意図的に実行しない限り、iPhoneはアプリ経由でマルウエアに感染する可能性は基本的にない」

Androidのアプリは、アプリストアのGoogle Play経由で導入するのが基本だが、パソコンのようにインストーラー経由でも導入できるため、Google Playを模した画面で偽装して不正なアプリのインストーラーをダウンロードさせる手口が広まっている。SNSの口コミで不正なアプリの情報が広まることも少なくないという。

 

② 人気アプリはAndroid版よりiOS版のリリースを優先する

iPhoneAndroidでは、利用できるアプリのラインアップも異なる。 Android版も用意するものの、iOS版のリリースを優先するケースも多い。 Androidほどの柔軟な変更はできない。自分だけのカスタマイズを極めたいという人は、Androidのほうがベターといえる。

 

③ iPhoneのメリット

Androidメーカーや機種によって“方言”というべき微妙な違いが存在するのがやっかいで、『ポケモンGO』リリース直後、Androidは機種によってアプリが導入できなかったり正常に動作せず、混乱した。

iPhoneは動作対象とされたiPhone 5以降の機種なら、特にトラブルもなく導入できた。アップル1社がハードウエアを提供することで信頼性が確保されている。

修理メニュー